-浴衣の着付け

2009年9月アーカイブ

浴衣を着付ける場合、いくつかのポイントをつかめば上手に着付けることができます。まず、大切なことは、出かける前にあわてて浴衣を着付けると着崩れの原因となってしまいますから、浴衣の着付けは、前もって練習して慣れておくことが大事ですね。浴衣は慣れてくれば30分くらいで着付けることができますが、時間に余裕を持って始めるほうが落ち着いてきれいに着付けることができます。

髪を自分で結う場合は、浴衣を着付ける前に結います。浴衣を着付けた後で髪を結うと、浴衣を汚したり、着崩れたりすることがあるので極力避けたほうがいいでしょう。
浴衣を着付ける前日には、浴衣をハンガーに掛けてしわや汚れなどのチェックをしておきます。しわがある場合は、アイロンなどを使ってしわをとっておきましょう。また、着付けに必要なものも用意しておきます。

浴衣を着付ける場合、腰紐、伊達締め、帯などを椅子などに掛けておくと、着付けるときにしゃがむ必要が無くなり、着崩れの予防になります。浴衣を着付ける場合、肌着のかわりに衿から見えないタンクトップやキャミソールなどで代用することもできます。着付けの際には、全身が映る鏡の前でしたほうが全体のバランスや後姿などが確認でき便利です。

 

 自宅でするヘアカラー  BBクリームの評判  BBクリーム比較

遂に登場!ぐるり360度最先端コーディネートセット!完全オリジナル【可憐に咲いたダリアの花】...

 

夏祭りや花火大会など、浴衣でお出かけする機会も多くありますが、そんな時、自分で浴衣を着付けることができるととても便利です。浴衣は、訪問着や小紋などと比べるととても簡単に着付けることができますので、是非チャレンジしてみてください。

浴衣を着付ける場合、まず下準備として、肌着、裾よけをつけます。浴衣は、夏の暑いときに着る着物ですから汗などの対策は考えなければなりません。通気性があり、吸水性のある肌着を選び、衣紋は抜き加減に、裾よけは短めに着付けます。浴衣の場合も、ウエストやヒップに補正をしたほうがきれいに着付けることができますから、タオルなどで補正をします。

補正が終わったら、浴衣を着付けていきます。浴衣の袖を通したら、衿先をもち、背中心を身体の中心に来るように調整します。この時に裾線を決めるのですが、浴衣の場合、裾線はくるぶしが隠れる程度に着付けます。次に上前幅を決めますが、あわせの着物と同じように裾すぼまりになるように着付けますから、裾先は、10センチ位引き上げるようにします。下前、上前を重ねたら、腰紐を結びます。腰紐は腰骨の位置で、少しきつめに結びます。浴衣を着付けるポイントとして、腰紐は前下がりに結びます。おはしょりを整えて、衿合せを調整して腰紐を結び、おはしょりの長さを決めて余分なしわを脇線に持っていって伊達締めを締めます。おはしょりの長さを確認して、浴衣の着付けは完成です。

 

 資格  5.1サラウンド  猫・犬を飼うときのルールとマナー

楽天ランキング第1位★獲得!【SALE】浴衣帯 ふわふわ天使の『へこ帯 兵児帯』【全19種】可愛い...

 

浴衣の着付けの最後は、帯結びです。浴衣の帯結びにも文庫結び、かた蝶結び、蝶結びなどいろいろな種類があります。浴衣を自分で着付けるには、浴衣の基本的な帯結びである文庫結びを覚えるのが一番簡単です。

文庫結びの結び方は、てさきを二つ折りにしてもち、たれ先を二巻きします、この時にてさきが上に来るようにまわします。たれ先を脇から三角形におり、てさきが上になるように結びます。結び目をねじるようにし、てさきを真上に来るようにして置けばきれいに着付けることができます。たれ先をひろげ、蝶の羽の部分をつくり、中心でひだをつくります。ひだの幅を同じにすると、着付け終わったときにとてもきれいなラインになります。てさきで羽の中心を巻き、余ったてさきは帯に入れ込みます。

羽の長さやひだを整えて、時計回りにまわして羽の真ん中が背中心に来るようにします。時計回りに回すのは、回すときにきれいに着付けた浴衣が着崩れない大切なポイントです。帯の羽が後ろにきたら、鏡を見ながら、羽の位置、形を確認します。最後に、帯、おはしょり、衿、裾などきれいに着付けられているかをチェックします。帯結びは、文庫結び、蝶結び、片蝶結びなどを覚えておけば、浴衣の着付けもいろいろなバリエーションが楽しめます。

 

 コレステロール  乾燥肌  冷え性

【新作入荷!】早い者勝ち!【上質★変わり織り】子供浴衣(女の子)3点セット【選べる浴衣】ワ...

 

いつもは活発な女の子も、浴衣を着るととても女の子らしく可愛く見えます。子供の浴衣の着付け方は、難しい帯結びも無く、とても簡単です。子供に浴衣を着付ける場合は、前もっても準備が大切です。

子供に浴衣を着付ける前には必ず一度浴衣をはおらして、肩上げや腰上げの長さを確認しておきます。子供に浴衣を着付けるときは、おはしょりなどはありませんから、あらかじめ肩上げや腰上げで、袖丈や身丈を調節しておきます。下着は衿から見えないような下着をつけます。

子供に浴衣を着付ける場合、少し足を開いて立たせ、ふらふらしないようにします。浴衣をはおらせて、背縫いが背中心に来るようにします。子供に着付ける場合、気を付けなければならないことは、衿はしっかりとあわせること、衣紋も大人のように抜いてはいけません。つけひもを後ろで交差して、前に持ってきて蝶結びをします。あまったつけひもを隠すと、浴衣の着付けは完了です。

次に帯を結びます。子供の大きさによって多少の差がありますが、二重巻ぐらいにして、後ろで蝶結びをします。リボンの大きさをととのえて、衿などの前部分をきれいにします。子供の場合、着付けが終わったときに、苦しいところがないかを必ず聞いてあげるようにしましょう。

 

 外為どっとコム  FXプライム  ひまわり証券
カテゴリー
更新履歴
上手に浴衣を着付けるために(2009年9月18日)
浴衣の着付け 女性編(2009年9月18日)
浴衣の着付け 女性の帯結び(2009年9月18日)
女の子の浴衣の着付け方(2009年9月18日)
カテゴリー
更新履歴
上手に浴衣を着付けるために(2009年9月18日)
浴衣の着付け 女性編(2009年9月18日)
浴衣の着付け 女性の帯結び(2009年9月18日)
女の子の浴衣の着付け方(2009年9月18日)