Top > 浴衣の着付け 女性編

浴衣の着付け 女性編


遂に登場!ぐるり360度最先端コーディネートセット!完全オリジナル【可憐に咲いたダリアの花】...

 

夏祭りや花火大会など、浴衣でお出かけする機会も多くありますが、そんな時、自分で浴衣を着付けることができるととても便利です。浴衣は、訪問着や小紋などと比べるととても簡単に着付けることができますので、是非チャレンジしてみてください。

浴衣を着付ける場合、まず下準備として、肌着、裾よけをつけます。浴衣は、夏の暑いときに着る着物ですから汗などの対策は考えなければなりません。通気性があり、吸水性のある肌着を選び、衣紋は抜き加減に、裾よけは短めに着付けます。浴衣の場合も、ウエストやヒップに補正をしたほうがきれいに着付けることができますから、タオルなどで補正をします。

補正が終わったら、浴衣を着付けていきます。浴衣の袖を通したら、衿先をもち、背中心を身体の中心に来るように調整します。この時に裾線を決めるのですが、浴衣の場合、裾線はくるぶしが隠れる程度に着付けます。次に上前幅を決めますが、あわせの着物と同じように裾すぼまりになるように着付けますから、裾先は、10センチ位引き上げるようにします。下前、上前を重ねたら、腰紐を結びます。腰紐は腰骨の位置で、少しきつめに結びます。浴衣を着付けるポイントとして、腰紐は前下がりに結びます。おはしょりを整えて、衿合せを調整して腰紐を結び、おはしょりの長さを決めて余分なしわを脇線に持っていって伊達締めを締めます。おはしょりの長さを確認して、浴衣の着付けは完成です。

 

 資格  5.1サラウンド  猫・犬を飼うときのルールとマナー
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
上手に浴衣を着付けるために(2009年9月18日)
浴衣の着付け 女性編(2009年9月18日)
浴衣の着付け 女性の帯結び(2009年9月18日)
女の子の浴衣の着付け方(2009年9月18日)