Top > 上手に浴衣を着付けるために

上手に浴衣を着付けるために

浴衣を着付ける場合、いくつかのポイントをつかめば上手に着付けることができます。まず、大切なことは、出かける前にあわてて浴衣を着付けると着崩れの原因となってしまいますから、浴衣の着付けは、前もって練習して慣れておくことが大事ですね。浴衣は慣れてくれば30分くらいで着付けることができますが、時間に余裕を持って始めるほうが落ち着いてきれいに着付けることができます。

髪を自分で結う場合は、浴衣を着付ける前に結います。浴衣を着付けた後で髪を結うと、浴衣を汚したり、着崩れたりすることがあるので極力避けたほうがいいでしょう。
浴衣を着付ける前日には、浴衣をハンガーに掛けてしわや汚れなどのチェックをしておきます。しわがある場合は、アイロンなどを使ってしわをとっておきましょう。また、着付けに必要なものも用意しておきます。

浴衣を着付ける場合、腰紐、伊達締め、帯などを椅子などに掛けておくと、着付けるときにしゃがむ必要が無くなり、着崩れの予防になります。浴衣を着付ける場合、肌着のかわりに衿から見えないタンクトップやキャミソールなどで代用することもできます。着付けの際には、全身が映る鏡の前でしたほうが全体のバランスや後姿などが確認でき便利です。

 

 自宅でするヘアカラー  BBクリームの評判  BBクリーム比較
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
上手に浴衣を着付けるために(2009年9月18日)
浴衣の着付け 女性編(2009年9月18日)
浴衣の着付け 女性の帯結び(2009年9月18日)
女の子の浴衣の着付け方(2009年9月18日)